赤と黒



春の桜は散り、早くも新緑の季節となりました。
寺の庭も石楠花が咲き一番きれいなときです。
みなさまG.Wはいかがお過ごしでしたでしょうか?
個人的には今年は分散型で仕事も遊びも親戚参りも充実しました。
以前説教で来ていただいていた方の別れもあり
それも深く考えされられました。


いつの間にかブログの機能も使いやすくなり緩やかではあるが
書くモチベーションが出てきた・・・気がする(笑)


前にも書いたと思うが意外と
「なければなくても別に・・」

ちと今年はこのままで行こうと思ってたら、
HPディレクターの廣川さんがG.Wに帰省。



仕事ぶりを聞いてるとふと「まぁ、汚れ役ですよね」と
何気に言ったことに、彼がそんな役をしていることの驚きと
自分が今「面倒くさい」とい言いながら全て「逃げている」ことに気付く。
法務とは「汚れ役」と自分では思う。


昨日12年働いた冷蔵庫が壊れた。
12年前、常光寺はどん底にいた。
感謝と共に今の「あたりまえ」の生活というのは
「便利」な生活で脆弱になっている自分を反省した。
12年前の自分は寝る暇もないくらい多忙だったが強かった。


12年前の目標が潰えた今年、最近考えていた思いを
彼に言った。まだ「目標」とは言えないが。
「赤」と「黒」。
黒が今の自分なら、赤にするには足りない「もの」の1つだったか。
サンクスです。